離婚問題 - 埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

  1. >

離婚問題

離婚問題でお困りの方

  • 相手が離婚に応じない。どのような場合に離婚できるの?
  • 養育費,財産分与,慰謝料はどの程度請求できるの?
  • 親権を認めてもらうにはどうすればよいの?

弁護士だからできること

  • 不倫や暴力があると離婚が認められやすいです。不倫や暴力がなくても,弁護士が交渉や裁判をすることにより,相手方が離婚に応じることも多いです。
  • 離婚の場合,養育費,財産分与,慰謝料,年金分割,婚姻費用など,様々な問題が発生します。弁護士が入念に調査を行い,法的に妥当な額を請求します。
  • 親権がどちらに認められるかは様々な要素がありますが,基本的にはお子様と同居している親の方に親権が認められる傾向があります。相手が子どもを連れ去ってしまった場合,弁護士が早急に対応します。

問題解決までの流れ

離婚問題の場合,話をしようとしても相手方が感情的になってしまうため,精神的に消耗してしまうことが多いです。
弁護士が,協議離婚(※話し合いによる解決)を目指し,あなたに代わって相手方と交渉します。


相手方の抵抗により協議離婚が難しい場合,調停を申し立てます(「調停前置主義」といいます。離婚の場合,裁判をするには調停という手続きから始める必要があります。)。裁判所の調停委員を通じて話し合いをします。あなたお一人ですと緊張してしまうかもしれませんが,あなたに代わって弁護士が調停委員に対し,法的根拠に基づいて的確に話を伝えます。話し合いがまとまれば調停が成立し,離婚が認められます。


調停が不成立になった場合,訴訟を提起します。訴訟では判決により結論が出ます。あなたの請求が認容されるよう,弁護士が証拠と法的根拠に基づいて訴訟に取り組みます。


離婚問題に関するQ&A

 別居中の夫が生活費を払ってくれません。どうしたらいいですか。
 ご主人に対し,あなたとお子さんの生活費を請求できます(法的には「婚姻費用」といいます。)婚姻費用の額は,ご主人の収入とあなたの収入,お子さんの人数・年齢で決まります。
離婚が成立した場合,あなたの生活費は請求できなくなりますが,「養育費」としてお子さんの生活費を請求できます。


 夫が不倫をしていました。離婚しないので夫には慰謝料請求をしたくないのですが,不倫相手だけに慰謝料請求することはできますか?
 はい,できます。不貞行為に基づく慰謝料請求は,ご主人と不倫相手の両方に請求できます(「不真正連帯債務」といいます。)。「ご主人と不倫相手の両方」,「ご主人のみ」,「不倫相手のみ」と,請求相手を選ぶことができます。


 夫が不倫をしているようですが,証拠がありません。探偵に調査をお願いした方がいいでしょうか。
 探偵の調査により不貞行為の証拠を確保できることがあります(例:二人でホテルに入ろうとしている写真)。不貞行為の証拠は非常に強力ですので,離婚問題の話を有利にすすめることができます。しかしながら,探偵の費用は高額になることもあります。この探偵費用は法的には相手に負担を求めることができません。探偵に調査を依頼するかどうかは,弁護士と相談して決めることをお勧めします。


事例紹介

2000万円相当財産,親権及び養育費を獲得した事例

Aさんは専業主婦です。子どもは男の子1人です。
Aさんは家事育児に専念し,夫を支えていました。しかしながら,夫は家庭を顧みることはありませんでした。夫はAへの愛情を喪失し,仮面夫婦のような状態が何年も続き,やがて別居生活が始まってしまいました。


困り果てたAさんは,当職に依頼しました。当職は,夫と交渉しましたが,夫は別居しているにもかかわらず離婚に抵抗し,かつ,子どもの親権も希望しました。交渉が難航したため,当職は離婚調停を申し立てました。


調停も難航しましたが,夫の財産の調査,婚姻費用の請求,面接交渉などの条件を話し合ううちに,夫も離婚は避けられないと感じ,無事に調停離婚が成立しました。さらに,Aさんは,財産分与として約2000万円の財産,親権及び養育費を獲得しました。


Aさんは2000万円相当の財産を獲得できましたので,当面の生活費や子どもの学費に困ることはありません。現在,Aさんはパートをしながら元気に生活しています。


お問合わせに関して

当事務所では,平日だけでなく,夜間相談,土日祝日相談も受け付けております。
当事務所での法律相談は,ご予約を頂いたうえで事務所にお越しいただき,弁護士が直接お会いしてご事情を伺うという形で行っております。
(恐縮ですが,電話・メールでのご相談は行っておりません。相談者の方のお手持ちの資料を検討しないと,正確なアドバイスをすることが困難なためです)。
法律相談を希望されるお客様は,電話またはメールの2つの方法のいずれかにより,当事務所までご連絡下さい。

メニュー

サイド事務所案内

RSS

ページ上部へ