当事務所の日常 - 埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

当事務所の日常

中学生のインタビュー2018

2018年12月 3日 15:18|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

気がついたらもう12月です。今年は暖冬らしいですが,さすがにコートが必要になってきました。

 
さて毎年夏に,中学生や高校生の方から職業インタビューを受けております。
思えば今年の夏は,インタビューがありませんでした。
毎年インタビューを受ける方が珍しいと思いますので,忘れかけていたところ・・・。
 
埼玉県内の私立中学から電話がありました。
中学1年生の女子です。
「もしかして・・・?」と思ったら,やはり職業インタビューのお話でした(^_^)
 
インタビューは今年で4回目。
学校の課題として,職業インタビューをしてプレゼンするとのことです。
もちろんインタビューを快諾し,後日,弊所でインタビューを受けました。
 
今までの学生さんは1名のみでしたが,
今年は,Mさん,Nさん,Yさんの3名です!
礼儀正しい良い子達です。
 
最近は弁護士ドラマが増えている気がしますので,ドラマではわからない弁護士の日常をお話ししました。
私が弁護士を目指したきっかけ,そして司法試験で苦労した話もしました。
 
こんな受け答えでいいのかな?と思いつつも,1時間ほどお話ししました。
 
 
後日,Mさん,Nさん,Yさんからお礼のお手紙をいただきました。
皆さん達筆です!中学生とは思えない美しい字です。
私は字が下手なので,どっちが大人かわかりません(^_^;)
 
 
Mさん「とても丁寧に,詳しく答えてくださり大変嬉しかったです。」
Nさん「どのようなお仕事をなさっているかがよくわかり,くわしい内容まで教えてくださりとても勉強になりました。」
Yさん「質問したことを発展させたとてもていねにな答えを返してくださり,うれしかったです。」
(皆さん,少しだけ引用させていただきました。)
 
 
嬉しいですね。ありがとうございます。
 
インタビューで心がけていることがあります。
当たり前のことではありますが
「インタビューを必ず受けて,仕事の素晴らしさを丁寧にお伝えすること」です。
学生さんがいきなり電話をかけてインタビューを申し込むのは,大変なはずです。
断られてしまうこともあると思います。
 
学生さんに仕事の話を伝えるのは,大人の役目です。
そのためには,私自身が弁護士という仕事に誇りをもつことが大切です。
 
インタビューのお陰で,学生さんの期待に応えられるような弁護士でありたいと再確認できます。
 
Mさん,Nさん,Yさん,ありがとうございました。
 
***************
さいたま市南区の弁護士
武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

取扱事件ページを更新しました。

2018年5月16日 12:23|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

トップページに,取扱事件のバナーを追加しました。

バナーをクリックすると,詳細ページに移動します。

ご参考になれば幸いです。

 

******************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

高校生のインタビュー2017

2017年8月17日 09:33|管理者|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

8月半ばだというのに,雨ばかり続いていますね。

酷暑も大変ですが,

雨の日は私の大好きな自転車での移動ができなくなるので,

移動に一苦労しています(^^;)

 

さて先日,弊所スタッフから声をかけられました。

「○○女子高校の1年生の方からお電話です。」

 

 高校生???

「夏休みの時期に学生さんからお電話とは・・・・

 例のアレかな?」

すぐに思いつきました。

2年連続で,中学生から,夏休みの課題「職業インタビュー」を受けています。

 

電話にでたところ,

やはり職業インタビューでした。

 

今年はYさんという高校1年生の方からのお電話です。

高校生のインタビューは初めてです。

私の過去のブログをみて,お電話をくださったとのことです。

2015年のインタビュー

2016年のインタビュー

 

最近はブログ更新をあまりしていなくて恐縮ですが,

私のブログからインタビューにつながったようですので,ありがたいです(^_^)

 

後日,弊所でYさんのインタビューを受けました。

Yさんは電話の印象の通り,礼儀正しく,そして温かく優しい印象の方です。

Yさんは会話の運び方が非常に上手でしたので,私も話しやすかったです。

てか,見習いたいです(^^;)

 

インタビューで色々な質問を頂きました。

その流れで,どのような人が弁護士に向いているかという話になりました。

なるほど,奥が深い質問ですね。

 

一瞬考え込みました。

何だろう・・・・色々あるだろうけど・・・。

気がつくと,私は以下の通り答えていました。

 

「人とコミュニケーションをとれる『社会性のある人』が,弁護士に向いていると思います。

 社会性があれば,依頼者の信頼も得やすいですし,相手方との交渉もしやすいです。

 逆にコミュニケーションが下手だと損をしてしまいます。

 弁護士はみんな司法試験を突破しているので,勉強ではそれほど差はつきません。

 勉強以外のことで自分を高めてきた人が,弁護士に向いていると思います。」

 

どのような人が弁護士に向いているかは,色々な意見があると思いますが,

このときの私は「社会性のある人」と答えました。 

ホント,当たり前のことかもしれませんし,弁護士に限った話ではないでしょうが,

社会性があるというのは,非常に大事だと感じるようになりました。

 

でも,なぜ「社会性のある人」と答えたのか,自分でも不思議でした。

顔を上げると,Yさんが笑顔でインタビューを続けてくれます。

良い笑顔です。コミュニケーション能力の高い方です。社会性に富んでいます。

「・・・ああ,そうか。だから私は,

 『社会性のある人が弁護士に向いている』

 と答えることができたのか。

 当然だけど,実際その通りだよな。

 忘れていたけど,Yさんのお陰で気づくことができた。」

 

 

インタビュー終了後間もなく,

Yさんから御礼のお手紙を頂きました。

お手紙にはこう書かれていました。

 


「インタビューを通じて

 テレビやインターネットではわからないことをたくさん知ることができ,

 より弁護士になりたいという気持ちが強まりました。」

(Yさん,少しだけ引用させていただきました)。

 

・・・嬉しいですね。

最近は立て込んでいるため,心も体も疲弊していたのですが,

Yさんのインタビューとお手紙のお陰で元気をいただきました!

学生さんのインタビューは,

忘れているものを思い出させてくれますね。

 

Yさん,ありがとうございました。

社会性に富んだYさんの将来が楽しみです。

レポート,頑張ってくださいね!

 

******************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

新年のご挨拶(平成29年)

2017年1月 2日 14:42|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

皆様,新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

 

さて,本年は1月5日(木)より業務を開始します。

 

・・・と言いつつ,今日も出勤しております。

まずは年賀状の確認です。

あ,メールも溜まってます。

新年早々忙しいですが,誰かのお役に立てていることを実感できますので,やり甲斐がありますね!

 

今日の分の仕事が終わるかどうかわかりませんが,

せっかくのお正月ですので,一段落したら初詣に行ってきますね。

 

****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

紹介記事

2013年10月21日 14:17|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

弁護士ネクスト様のサイトに,交通事故を扱う弁護士として

私の紹介記事

を掲載して頂きました。

 

・・・こうして記事を拝見すると,自分のこととは思えないくらい上手にまとめてもらってますね。

インタビュアーさんの腕に脱帽です(^^;)

 

******************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

1  2  3  4

検索

2018年12月

月別アーカイブ

最近のブログ記事

アイテム

タグクラウド

メニュー

サイド事務所案内

RSS

ページ上部へ