2016年8月 - 埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

  1. >
  2. >

2016年8月

中学生のインタビュー2016

2016年8月30日 20:48|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

 もう少しで8月も終わりですが,相変わらず蒸し暑い日が続きますね。

 

エアコンをガンガン効かせて仕事をしていたところ,

弊所スタッフから声をかけられました。

「先生,中学生の女の子からお電話です。取材をしたいとのことです。」

 

おお,すぐにピンときました!

去年と同じです!

中学生が社会に接する良い課題です。

 

Nさんという中学生の方からのお電話です。

お住まいは東京なのに,わざわざ武蔵浦和まで来てくださるとのことです。

もちろんインタビューを快諾し,無事に終了しました。

 

後日Nさんから,丁寧なお手紙と,インタビュー内容をまとめたレポートの写しをいただきました。

このレポートを基に授業でプレゼンするとのことです。

ホント,良い課題ですね。

 

このレポート内容を抜粋します(Nさん,引用させていただきますね)。


<働いている人達の様子>

→先生と事務員の方,研修生(=司法修習生)の方がいらっしゃった。

  皆さん楽しそうに仕事をされていた。

 

<「働く」とはどういこうことだと感じたか>

→楽しいと思える事をやること!!


<参考になったこと>

→やはり,自分が楽しいと思える仕事につく事が大切だと思った。

 「好きな仕事」って結構大切だけど意外と見落としやすいPOINTだと思う。

 

弁護士は人の不幸を扱う仕事ですので,責任重大です。

緊張感は必要ですが,重圧を受け続けていると身も心ももちません。

新人の頃は重圧に押し潰されそうになることも多々ありました。

 

そのため大変になればなるほど,明るく楽しく振る舞うようにしています。

そうするうちにいつしか重圧をコントロールし,依頼者を護る原動力に転化できるはずです。

そう信じて,この10年弁護士として奮闘してきました。

 

Nさんからは弊所が楽しい雰囲気にみえたとのことですので,

どうやら今の私は,まだまだ不十分かもしれませんが,重圧を原動力に転化できているようです。

 

今年も中学生のインタビューのお陰で,たくさんのエネルギーをもらいました。

Nさん,私からも御礼申し上げます。ありがとうございました。

プレゼン頑張ってくださいね。

 

*****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

ページ上部へ