当事務所の日常 - 埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

埼玉・さいたま市の弁護士なら交通事故・相続・離婚で実績のある武蔵浦和法律事務所

当事務所の日常

つながり

2013年1月11日 21:31|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

仕事始めから数日後,裁判から戻った私は,私の机の上に白い箱が置かれていることに気づきました。

その箱には,とある地方都市の名酒の銘柄が書かれていました。

以前は知りませんでしたが,今は見慣れた銘柄です。

 

「ああ・・・。Sさんからのお年賀だな。」

箱に貼られた伝票の送り主の名前を確認するまでもなく,懐かしい気持ちに浸りながら,私はSさんへの御礼状をしたためることにしました。

 

Sさんは,過去に私が護ることのできた依頼者の方です。

今はSさんは遠方にお住まいであるため,もうお会いする機会はないと思います。

ですが,私がSさんを忘れることはありません。

 

弁護士は人の不幸を扱う仕事ですので,事件が終わった際,依頼者の方に「またどうぞ。」とは言えません。

依頼者の方に再会する機会があるとしたら,それは依頼者の方が再びトラブルに巻き込まれてしまったときに他なりません。

そのため,事件終了の際に,

「無事に事件を解決できて良かった。もう弁護士の力が必要ない生活を送って欲しい。」

と喜ばしく思うと同時に,

「依頼者の方が幸せな生活を送れるということは,私に会う機会もないということだな・・・。」

と,寂しい気持ちにもなります。

弁護士とは人の不幸を生業にする因果な仕事だと,実感してしまうときです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 。

 

お正月は,元依頼者の方々から年賀状を頂きます。

年賀状のおかげで,おそらく二度と会わないであろう元依頼者の方々が,幸せに暮らしていることを確認できます。

一年に一度,そしてほんのわずかではあるかもしれませんが,依頼者の方々との「つながり」を感じることのできる貴重な瞬間です。

 

普通の人が弁護士が必要になることは一生に一度あるかないかですので,依頼者の方にとって,

私は「人生において唯一依頼した弁護士」になるのかもしれません。

 

ときには,果たして自分が依頼者の方を護れているのだろうかと葛藤する日々もあります。

しかしながら,こうして依頼者の方々との「つながり」を実感できると,また一年戦えるエネルギーが湧いてきます。

私が元依頼者の方を覚えているように,元依頼者の方が私を覚えてくださっています。

これほど嬉しいことはありません。

 

ようやく2年目を迎えたばかりの弊所ではございますが,依頼者の方を護れるよう尽力致します。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

*****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

 

1年

2012年12月31日 14:11|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

いつのまにか,大晦日になっていたのですね。

皆様はどんな一年だったでしょうか。

 

昨年の今頃は,弊所の開設準備で大忙しでしたが,何とか今年1月に弊所を開業することができました。

文字通り一人きりの船出でした。

最初は,弁護士として一人でやれる程度の力はついたはずだと思いこんでいました。

しかしながら,弁護士という仕事が簡単なはずはありません。

一人でやるということは,責任もすべて一人で受け止めるということです。

果たして自分は依頼者の方を本当に護れているのだろうかと,答えのない悩みに押しつぶされそうになることもありました。

 

そんな私ですが,何とか弊所を開設してから1年を乗り切ることができます。

無事に新しい年を迎えられるのは,私を育ててくれた師匠や友人のお陰であることはもちろんですが,

何よりも依頼者の方の応援があったからです。

依頼者の方からの感謝の言葉が,私を奮い立たせる原動力になります。 

 

一人になったからこそ,自分は一人ではないことに気づけた1年でした。

37歳とまだまだ若輩者ではありますが,振り返れば,今までの人生の中でもっとも充実した1年でした。

ですが,私はまだまだ発展途上の人間です。

今年の自分以上に,来年の自分はさらに依頼者の方を護れる弁護士になってみせます。

 

この一年,本当にお世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。

 

*****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

クールビズ

2012年7月30日 23:12|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

昨年までは,夏でも上下スーツで頑張っていました。

とある理由で,スーツ上下にこだわっていたためです。

昨年は比較的涼しかったので,何とか乗り切れました。

 

しかし,さすがに今年の夏は・・・・・,

昼食をとりにちょっとだけ外出しただけでも,滝のように汗が流れます。

移動途中で食欲が減退して,何を食べようか迷ってウロウロしているうちに,さらに暑さで体力を消耗します。

(とは言っても,今日も昨日も昼食はラーメン大盛りでした)

 

しかも,今年は酷暑ですので,昨年以上に節電が大切です。

 

「夏バテ防止」,「節電」を理由に,今年はスーツ上着もネクタイもなしで,クールビズで対応させていただいております。

非常に快適です。

スーツ上着とネクタイがないだけで,これほど体感温度が変わるのですね。 

 

昨年の夏も,スーツ上下にこだわらず,クールビズで対応すればよかった・・・・。

スーツ上下にこだわっていた理由は・・・・。

 

建前上はビジネスマナーです。

本音は,「スーツで体型を隠すため」です・・・・。

今年は正しくない減量により多少はやせたのですが,まだ,出てはいけないとところが出ています。

やはり私は,夏バテになった方がちょうどよいのかもしれません。

 

*****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

 

 

 

 

 

2012年6月 4日 23:46|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

独立開業から5か月が過ぎました。

あっという間の5か月です。

ようやく新しい生活に慣れてきました。

 

たくさんの方が独立開業を祝ってくださいました。

駆けつけてくださった方もいらっしゃいました。観葉植物・ご祝儀・ミュージックプレーヤーなどを贈ってくださった方もいらっしゃいました。

 

お花もたくさん頂きました。

さすがに時間が経ったので,お花のほとんどはその役割を終えています。

胡蝶蘭のように苗があるものは,二度目の花を咲かせるためお花を育てるのが得意な知人に預けてあります。

 

一時期は弊所がまるでお花畑のようになっていました(笑)。

お花に囲まれた弊所を思い出すと,まだ最近のことにもかかわらず懐かしく感じます。

今は多くのお花が引退しましたが,これも「独立開業」が一段落し,弊所が次のステップに進んだことの表れかもしれません。

 

私がここまでこられたのは多くの方のご支援の賜物です。

まだまだ発展途上の人間ではありますが,皆様のご恩に報いるために全力を尽くして頑張ります!

 

*****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

迅速な対応

2012年5月22日 22:00|武蔵浦和法律事務所|記事URLコメント(0)トラックバック(0)

先週は数日間に亘り出張に出ておりました。

毎日出勤している事務所を出て遠方に行くのは,よい気分転換になります。

 

その一方で,事務所を空けることになるので落ち着きません。

不在の間に,依頼者の方に御迷惑をおかけしないだろうかと,気になって仕方がありませんでした。

 

実際,出張中に依頼者の方が予想外のトラブルに巻き込まれました。

事前に,依頼者の方には出張先・出張期間・私の滞在先を伝えておりました。そのため,出張先からでも迅速に対応できたので,依頼者の方から感謝のお言葉を頂きました。

 

緊急事態に対応するのは大変ですが,緊急事態に対し迅速に対応することにより,かえって依頼者の方との間の信頼関係が深まることを学びました。

 

弁護士業は,遠方の裁判所に行ったり,長時間の打合せをしたりするので,すぐに連絡がつかないことがあります。しかしながら,依頼者の方に御迷惑をおかけしたくありません。

私は,たとえ外出していても少しでも早く依頼者の方に連絡できるよう,伝言やメールを確認できるようにしています。

また,当事務所は,夜間や土日でも電話がつながります(打合せ等により留守電になってしまう場合もありますが,速やかにお返事いたします)。

 

当たり前のことではありますが,今後も,依頼者の方のために迅速な対応を心がけます。

 

****************

埼玉県さいたま市南区の弁護士事務所

武蔵浦和法律事務所 峯岸孝浩

1  2  3  4

検索

2018年12月

月別アーカイブ

最近のブログ記事

アイテム

タグクラウド

メニュー

サイド事務所案内

RSS

ページ上部へ